在宅マッサージでのエピソードをご紹介します

 N・M 様 84歳 女性  傷病名:左脛骨骨折(術後)

 

Nさんは公団の5階にお住まいです。 
今までどんなに重い荷物を持っても階段の昇り降りをし生活されてきました。
しかし、下肢の筋力低下により転倒されて手術、その後半年間入院しました。 「このままでは認知症になる」と不安を感じられてご自宅へ帰ることを希望されました。

 

Nさんは息子さんと二人暮らしです。 退院に伴い、団地内にあるお医者様が往診されて 訪問入浴、訪問看護と共にマッサージを受けられました。
変形性膝関節症と下肢大腿部の筋力低下により下肢の 痛みが強くあるため、転倒しかけたこともありました。
そのような中でもご本人はとても前向きで、人手を借りず 通院できるようになることを希望されました。

 

治療は週3回、運動療法を含めて15分行いました。 マッサージは下肢・上肢・肩背部を緩やかに施術し 血行を促進し筋肉を動かしてゆきました。 
当初は強く感じることもあったようですが 筋力の回復に伴い、なくなりました。
運動療法はベッドからの起立運動、下肢屈伸運動 歩行訓練(ご家族が見守るなか、室内約3mの距離を 10往復)を行いました。

 

そして1年後・・・
筋力が回復し、希望通り階段の昇り降りが出来るようになり、その半年後・・・往診、訪問入浴、訪問看護、マッサージが 終了となりました。ご家族とも寝たきりになる不安があり 回復をとても喜んでいらっしゃいました。

 

後日、会社に主治医の先生からお礼状が届きました。 訪問マッサージはお身体の不自由な方にとても有効です 負担を少なく筋力や機能回復を行うことができ保険適用が認められております。
しかし、まだまだ認知度が低いのが現状です。 今後も医療・介護関係の皆様と連携し患者様に正しく 理解して頂けるよう努力してまいります。
(文: 代表 深田謙二)